耐震等級は、地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさ

耐震等級は、地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさを

表すものです。

 

等級は1から3まであり、最も低い等級1は、

『数百年に一度発生する地震の地震力に対して倒壊、崩壊せず、

数十年に一度発生する地震の地震力に対して損傷しない程度』

を示します。

等級2は、『等級1で耐えられる地震力の1.25倍の地震に対抗できる性能』、

等級3は、『等級1で耐えられる地震力の1.5倍の地震に対抗できる性能』

を示します。

 

 

ちなみに、『数百年に一度』の目安は地域によって異なります。

関東大震災時の東京、阪神淡路大震災時の神戸ほどの揺れが目安とされています。

建築基準法では等級1の性能を求めていますが、同業他社との競合に勝ち抜く

には不十分。

ということで、等級2~3を標準レベルとする業者も数多く存在します。

さて、ここで考えておきたいことがあります。

確かに、等級が高くなるほど建物自体が倒壊したり、損傷する可能性は

低くなります。

 

 

しかしそれは、地震による揺れが、そのまま家の中に伝わるという事でも

あります。

上階に行くほど、地震による影響は大きくなります。

ということは…。

安全対策無しで設置した冷蔵庫や本棚、テレビなどの

動きを想像するとゾッとしませんか?

もし、自宅に子供しかいなかったら?

もし、家具の近くで就寝中だったら?

 

 

地震に強い家づくりを目指すなら、家具の固定方法や収納スペース

の配置など、安心して暮らせる部屋づくりの検討も欠かせませんね。

  • お問い合わせ 住宅相談会のお申込み
  • ページ上部へ