新築住宅を安く建てたいなら意味のないことはこだわらないことです。こだわりの注文住宅は高い

新築住宅を安く建てたいなら意味のないことにはこだわらないことです。

こだわりの注文住宅は高い。

ただ、そうは言っても一生で1回だけの家づくりです。

いろいろなところをこだわりたいものです。

 

理想的な家づくりは建築費は安く家の品質は高くなることです。

これはなかなか一般的な建築会社さんには難しいことですが、

建築サポートはそれが実現可能です。

 

今までの実例から同じ家でも他社さんより300万円から最大で800万円位は

安くなっているようです。

特にハウスメーカーさんの場合は元々ムダな経費が多く建築費に入っていますので

それを省くだけで簡単に500万円位は安くなります。

 

そこで、住宅を安く建てたいならというテーマで今日は考えてみました。

安く建てる方法はある意味簡単です。

まず、設備にこだわらないことです。

システムキチン、バス、トイレなど安い商品もあるし

高い商品もあります。

システムキッチンは安いので20万円

 

高いので500万円?という具合に価格差が出る商品ですね。

バスもトイレも価格差がいろいろあります。

高い商品には高い商品なりの機能やデザイン素材などが使われていますし

安い商品には安いなりの機能、デザイン、素材です。

よく車の例え話をしますが、ベンツと軽自動車ではデザインも機能も性能も素材も

違いますよね、住宅の設備もそれと同じです。

 

次にデザインにこだわらない!

真四角な家の外観、デコボコが多い外観どちらが価格が高いでしょうか?

もちろん凸凹が多い外観ですよね。

材料も多く必要になりますし、それを施工する時間も長くなります。

その結果、価格が高くなります。

しかし真四角の家もデコボコがあるデザイン性が高い家も住み心地は同じです。

場合によってはデコボコが多いデザイン性が高い家が断熱性能が落ちるので

夏暑く冬寒いかもわかりません。

 

次に間仕切りを多く作らない!

これもデコボコと同じ理由で材料が多くいるし手間、人件費も多くかかります。

がらんどうな間仕切りが何もない家と、細かく仕切られた家どちらが高いか

わかりますよね。

 

次に家以外の経費が多くかかっている業者に家づくりを依頼しない!

その筆頭がハウスメーカーです。

ハウスメーカーは家以外に、広告宣伝費や事務員、営業マンなど多くの

経費がかかっています。その分の経費も価格に上乗せされているので

全体として高いというわけです。

(私も断熱性能にこだわっているから高くなるんですね(笑)使用サッシは樹脂遮熱ガラス入りサッシ。ただハウスメーカーよりかなり安い!)

 

 

 

 

 

 

その次に高いのが建築会社、割と大きな工務店。

ここも社員がたくさんいて、広告宣伝もある程度やっているので

ハウスメーカーほどではありませんが高くなります。

 

一番安いのが大工さんに任せる。

やはり自分が現場に入り采配し材料も仕入れることが

できる大工さんが一番安くなります。

 

ただ心配なのは大工施工が専門なので家全体の仕上がりや

住宅の性能、耐震、断熱など大工工事以外は不得意なので

そのあたりにこだわりを持っている施主は注意が必要です。

 

結論

単に安く作るのは簡単なんですが、施主さんの予算が極端に少ない場合は

なかなか大変です。

 

材料の選択、施工業者の選択、デザイン性、居住性、安心、安全

こだわればこだわるほど家の価格は高くなります。

予算が限られているわけですから、何でもかんでもこだわるのではなく

あなたの絶対これだけはの一つか二つに絞り意味のないことまでいろいろ

とこだわらないことです。

私が勧めている設計、施工、材料仕入れの分離発注は無駄な費用を省けて

結構、いい家が安く建てることができる唯一の方法です。

 

施主さん側に立った企画、設計、資金計画が大事だということは言うまでもありませんが

今の建築会社のやり方では施主さん側に立った企画、設計、資金計画はできません。

本当の注文住宅を建てたい場合は施主さん側に立った家づくりができる建築業者に

家づくりを依頼したいものですね。

 

もし近くにそういう建築業者さんがいない時は私にメールください。

いい家を安く建てるサポートをしますよ(笑)

ただ、サポートできるのは佐賀県を中心に福岡県、長崎県の一部になります。

 

  • お問い合わせ 住宅相談会のお申込み
  • ページ上部へ