日本の住宅が高い理由

今日は日本の家が西欧諸国に比べて高い理由を考えてみます。

 

この理由を考えることで日本の家を安く作ることができます。

 

西欧諸国の家は日本の家の3分の2。

 

アメリカの家は約半分くらいでできているそうです。

 

この価格の差はあくまで平均です。

 

 

日本の家の平均は坪単価55~60万くらいです。

 

ハウスメーカーが家の単価を押し上げてはいます。

 

それでこの日本の家が高い理由ですが、4つあります。

 

 

1つ目。

 

建築費に占める職人の費用が高い。

 

これは何も大工の日当が高いということではありません。

 

工期が長いので建築費に占める割合で職人の人件費が高いということです。

 

また、段取りが悪く仕事の効率の悪さも指摘されています。

 

仕様の統一や工程管理をきちんとやることで安くなります。

 

 

2つ目。

 

建材費が高い。

 

日本の建材はを買うには、製造メーカーから直接私たちは買えません。

 

私達の現場に届くまでには、卸問屋や建材店などが中に入り、中間マージン、

 

流通の経費が多くかかり価格に転嫁されています。

 

製造メーカーからエンドユーザーが直接建材を買うことが出来れば

 

建材費は安くなります。

 

 

3つ目。

 

全てのことにこだわる。

 

地震国、なので耐震にはこだわらなければいけませんが

 

間取りや外観、内観デザイン、仕様、、材料、しあげの色、

 

グレード、設備機器など

 

あらゆることにこだわりすぎる傾向があります。

 

 

アメリカにも注文住宅はありますがそれは一部のセレブの家だそうです。

 

一般的には建売分譲が多く価格を抑えた住宅です。

 

細かいところまで何でもこだわれば高くなります。

 

私が現在、コダワル部分は耐震と断熱、そして自然素材です。

 

 

こだわりすぎかな?

 

しかし断熱にはこだわる必要があります。

 

参考まで↓

 

http://www.ikuru.net/blog/archives/2009/01/post_893.html

 

ここまでしなくてもいいのですが断熱の重要性がわかります。

 

 

日本の家に必要なのは断熱+風通し+遮熱+湿気対策+シロアリ対策です。

 

ただこの考えはあくまで私の考え方です。

 

他の考え方があってもそれはそれでいいと思います。

 

他の考え方を否定するものでもありません。

 

4つ目。

 

日本の建築会社の諸経費の高さ。

 

欧米には大きなハウスメーカーはありません。

 

そのためにムダな費用が建築費にあまり上乗せされていません。

 

日本の建築会社は仕事を取るためにテレビ、ラジオ、チラシ、モデルハウス

 

など多くの媒体で広告宣伝しています。

 

 

また営業マンの数も多く会社維持していくための諸経費が半端なく高いです。

 

そして建築業界の悪習、下請構造の中間マージン。

 

その経費が全てあなたの建築費に上乗せされるため日本の家は高くなる。

 

以上のように欧米諸国と比べて日本の家が高いのには4つの原因があります。

 

 

ハウスメーカーや建築会社で家づくりをする以上、これはどうしようもない

 

事ですので、あきらめるしかありません。

 

しかし依頼先を変えれば、建築費が異様に高いということは防げます。

 

私は以前から思っていたんですが

 

材料代+職人の人件費だけで家づくりが出来たら

 

劇的にいい家が安く建ちます。

 

 

私の事務所の報酬ゼロでは実際無理ですが

 

少なくする方法はあります。

 

 

これをどうやって実行するかですが、今ある方法を考えています。

 

これを実際実行できれば日本一のプロセスマネージメントができます。

 

 

材料代+職人の人件費だけでムダな費用ゼロの家づくりに挑戦です。

 

「高いコストをかけなくても十分いい家は出来る」をコンセプトに

 

やりたいですね。

  • お問い合わせ 住宅相談会のお申込み
  • ページ上部へ