家づくりの不安

いよいよ9月に入りましたね。

 

今年も後4ヶ月になりました。

 

時が過ぎるのは早いもんです。

 

誰しも一度は自分の家を持ちたいと思うもの。

 

人生で一度だけの家づくりだからこそ失敗や後悔は

 

したくないものです。

 

 

インターネットでの調査では以下のような結果がでました。

 

さてあなたは場合どうでしょうか?

 

私たち建築サポートでは、建て主様の不安や悩みを解決させていただく

 

ことを目標に新しい家づくりに取り組んでいます。

 

 

これから家づくりをしたいと思っている人の不安

 

1.手抜き工事されないか 77%

 

2.予算内でおさまるか 65.9%

 

3.良い依頼先が見つかるか 62.3%

 

4. 価格が適正か 60.1%

 

5.最適なプランができるか58.7%

 

手抜き工事と建築費の心配をされている方がおおいですね。

 

ところで

 

これからの新しい家での暮らしはどのようになるのでしょうか。

 

電気代はこれから値上げ予定です。

 

家中が、夏涼しく冬暖かい暮らしは毎月の電気代が安くなる。

 

寒い浴室やトイレは危険です。

 

煖房していない部屋もほんわかと暖かく

 

ヒートショックの危険が少なくなる。

 

 

ビニールクロス不可

 

アトピーや喘息など多くの病気の原因に住環境が関係していると

 

言われています。

 

住環境を整えて病気になりにくい身体を。

 

 

大きな面積を占める床、壁、天井に無垢の木や塗り壁を

 

使うことで、嫌な臭いや結露、湿気もなくなりすがすがしい部屋になる。

 

 

シックハウスが問題になったのをきっかけにビニールクロスや合板フロアーの

 

代わりに塗り壁や無垢の木を使い始めたのは5年ほど前からでした。

 

その中でも建築サポートが重要視したのは、塗り壁や無垢の木を使って

 

「夏涼しく冬暖かく暮らせないか」ということでした。

 

無垢の木(厚み30ミリ)は比較的断熱性能も高く木の中に多くの

 

空気を含むことができます。

 

 

厚い無垢の床板が冷たくないのはそのためです。

 

また外壁に使う塗り壁は放熱性能が高く室内の温度を下げる効果があります。

 

無垢の木と塗り壁を適所に使い遮熱シートを組み合わせることで

 

心地よい住み心地になり多くの方々から支持を得ていますよ。

 

価格の不透明な部分をなくしムダな経費を省けばコストを

 

掛けなくても十分いい家ができます。

 

建て方:建築マネージメント方式

  • お問い合わせ 住宅相談会のお申込み
  • ページ上部へ